今年もいつの間にか梅雨の季節になり,寒暖差の激しい日々が続いていますがお元気でしょうか?

今回も遅ればせながら決算報告をお届けいたします。


 
出品者数は52名、作品数は132点で、急遽会場の変更や日数の1日減など、少しバタバタ感ががありましたが無事終了いたしました。

落札数は70点、売上額は昨年並みで一同ほっと胸をなでおろしました。近年の不況や、震災への関心も薄れる中、昨年並みという結果は嬉しかったです。

日ごとにあふれる情報の波に押し流されそうになる昨今ですが、『東日本大震災』をわすれることなく、まだ まだ復興途中だということを踏まえて、倉敷からの風を吹き渡らせていきたいと思います。

「倉敷からの風」代表 杉田修一

P.S. 昨年まで会場の都合や作品譲渡のお世話など、6年間の長きに渡り大変お世話になりました『ギャラリー幹』さんに感謝いたします。